福岡のSEO対策、コンテンツSEO対策ならジャリア

SEO対策

SEO内部対策・SEO外部対策・コンテンツSEO

SEO対策、
集客できるホームページへのニーズが高まっています。
広告代理店の視点だからできるWEB集客への対策、伴走しながら
ホームページ、SEOの改善提案を行なっていきます。

特に中小企業においては、必須であると断言できるSEO対策。中長期的な施策になりますが、広告費を抑えたい企業にとって大きなメリットをもたらします。まずは検索上位表示を目指し、検索ボリュームや競合調査からキーワード選定を行うことからスタートします。

広告代理店のジャリアでは目標の達成を念頭に、お客様の事業内容やストロングポイントなどを考慮し、検索上位表示のためのキーワード分析、最適な施策を提案・実施いたします。そしてお客様と伴走しながら、コンバージョンの目標を達成するためのホームページの改善提案を行ってまいります。もし、今後、お客様が内部でSEO対策を行いたい場合も、私たちが得たノウハウと知識を伝え、アドバイザーとしてインバウンドマーケティング、コンテンツマーケティングのためのSEO対策を最大限のサポートをいたします。

SEO MEASURES
WEB集客のためのSEO対策
SEO内部対策・SEO外部対策により複数キーワードでの検索上位表示を目指す対策を行います。検索ボリューム・競合調査・トレンドを踏まえたキーワード選定を行います。
MONTHLY REPORTING
WEBサイト 月次レポーティング
SEO対策は継続が必要。講じたSEO対策の検索順位の動き、対策が機能しているかを観察、検索順位の変動、検索状況を月次レポートでアドバイスいたします。
WEB DESIGN
SEO対策に基づくホームページ制作
SEO対策のためにサイトのリニューアルも行えます。SEO対策に基づいたサイト構築、ページ構成、コンテンツ作成まで対応可能です。

業務内容

SEO内部対策

SEO内部対策とは、自社サイトの検索順位をアップさせるためにサイト内のコンテンツに対して行う施策のことです。表示スピードの改善、ソースコードやモバイル、リンクの最適化など内部要素の整理を行うことでGoogleなどの検索エンジンに対し、サイトの内容をより素早く、より正確に伝え、クローラビリティ(クローラーの巡回しやすさ)を向上させることがSEO内部対策の主な目的です。

内部対策はGoogle検索エンジンからの評価向上、検索結果上位表示のために必要不可欠であり、いくら良質なコンテンツを増やしても内部対策をおろそかにしては評価されません。逆に、良質なコンテンツをすでに提供しているのであれば、内部対策を強化するだけで上位表示される可能性が高くなります。また、ユーザーの満足度を高めることがGoogleからの評価にもつながるため、ユーザビリティ(ユーザーの利便性)の高いサイトを提供することも重要です。

SEO対策のためには、ただサイトをリニューアルしたり、コンテンツを作成すれば良いというものではありません。私たちジャリアでは、お客様のwebサイトの診断を行い、診断結果を元に事業と目的などをヒアリングしながら最適な施策をご提案させていただきます。

福岡でのSEO対策

上位表示させるための要件 「コンテンツ評価」

検索によってユーザーが求めている情報をより漏れなく含んでいるコンテンツが上位に表示されます。具体的には、キーワードに関連するコンテンツがサイト全体で多いことや、検索キーワードの対象となるページのコンテンツがユーザーのニーズをより満たしているものが上位に表示されやすくなります。そのためには、コンテンツの改良や関連コンテンツの追加などが必要となります。対策するキーワードにマッチした情報が網羅されるように改良を加えることでSEO評価が上がっていくのです。

また、タグなどに対策キーワードが入っているか、適切な位置や内容で組み込まれているかもSEO対策において重要になってきます。間違った状態でタグを設定してもコンテンツの情報が正しくGoogleに伝わらないため適切な評価を受けられず、SEO対策として十分に機能しません。

上位表示されているサイトに入っているトピックで自社サイトに入っていないものがあれば、内容に沿う形でコンテンツ内に追加する必要があります。新たにトピックを追加作成する場合には、検索ボリュームが多いキーワードを優先的に含めることがセオリーです。しかし、検索ボリュームが多いからといってビッグワードばかりを狙うのはハードルが高く、上位表示が難しくなります。検索ボリュームや競合サイトのコンテンツ調査、需要のあるコンテンツの把握、分析や戦略が必要になってきます。

ジャリアでは、検索ボリュームの調査、分析をはじめ、御社で狙うべき対策キーワードのご提案からSEO対策をスタートします。

福岡のSEO対策で上位表示させるための要件イメージ

SEO対策で重要なのはコンテンツの質と量

デザイン性の高いサイトデザインや画像、動画などを配置することはサイトの機能として重要であっても、SEO対策においてはあまり重要ではありません。Googleがクロールする際に画像やサイトのデザイン性について重要視することはないからです。SEOを意識したサイト制作では、デザインなどの制作テクニックよりもコンテンツの質と量が問われ、アルゴリズムに則ったコンテンツ作成、評価の上がるサイト構築が必要となるため、Googleのガイドラインに則ったコーディングを行うことも重要です。

ホームページ制作において「ユーザーが求めているコンテンツを提供できているサイトであるかどうか」が最も重要なポイントであり、UIやサイトデザインだけでなく狙った検索キーワードで上位に上がるためのコンテンツ制作、サイト構築を目指しています。

SEO外部対策

SEO外部対策とは、自社サイトの外部に働きかけ、検索エンジンからの評価を高めるためのSEO対策です。良質なコンテンツを発信し、外部サイトに自社サイトやコンテンツのリンクを貼ってもらう「被リンク」を獲得することを目的としています。SEO外部対策において、この被リンクをどれだけ獲得できるかが非常に重要な指標となります。内部対策やコンテンツSEOに比べて改良や調整が難しいですが、被リンクは検索順位に大きく影響するため、きちんと対策していく必要があります。多くのサイトから被リンクを獲得すれば、それだけユーザーの役に立つ、良質なコンテンツであると認識されます。そのため、内部対策同様に質の高い有益なコンテンツを作成していくことが質の高い被リンク獲得に繋がり、検索エンジンからも高い評価を得られます。

ジャリアでは質の高い被リンクの獲得を主な施策とし、お客様の事業、要望などをヒアリングしながら最適な施策をご提案させていただきます。

福岡でのSEO対策

効果的な被リンク獲得方法

外部対策として被リンク評価を上げるためには、評価の高いサイトからのリンクを多く集めることが効果的です。コンテンツと同じくこちらも量と質の両方が重要であり、闇雲に多くの被リンクを集めればSEOの評価が上がるというものではありません。関連性の低いコンテンツからのリンクや、低品質なコンテンツからのリンクについては評価に繋がりにくい傾向があります。そのため、対象となるページとの関連性が高いコンテンツや、検索エンジンから高い評価を受けているサイトからのリンクであることが被リンク評価を上げるポイントです。

また、外部サイトから自発的に貼られた被リンク(ナチュラルリンク)の獲得も効果的です。例えば、ユーザーがコンテンツ作成中に関連性の高いコンテンツを検索し、参考になった場合に貼ってくれたリンクのことを指します。ナチュラルリンクを多く獲得し、検索エンジンからの評価が高まることでドメインパワーが強くなり、検索順位の向上にも繋がります。

福岡のSEO対策で効果的な被リンク獲得方法イメージ

被リンクの注意点

反対にスパムリンクには注意しなければなりません。スパムリンクとは、被リンク評価を高めることを目的とした被リンクのことで、ペナルティの対象となります。売買して自作自演した被リンクや、自動生成されたコンテンツからの被リンク、多数のリンクが羅列されたリンクサイトに登録することは不正行為と見なされ評価を下げてしまうリスクがあります。

また、リンクの属性にも注意が必要です。リンクをたどらない、リンク先のコンテンツを認識させないnofollow属性が設定されている場合、被リンクとして認識されず、効果が無効になってしまう場合もあるので、有効なリンクであることを確認しなければいけません。

サイテーションのSEO効果

サイテーションも被リンクほどではありませんが、SEOに影響を及ぼします。「サイテーション」とは、インターネット上で対象となる会社名やサイト名などの住所、電話番号のビジネス情報やコンテンツの内容について言及されている状態のことです。被リンクはリンクが直接紐づけられているのに対し、サイテーションはリンクの紐づけはなく、検索順位にも影響しにくい面があります。

しかし、多くのユーザーから好意的に言及されているのであれば、有用で価値のあるコンテンツであるという認識が生まれるため、検索順位の向上にも少なからず繋がっていると考えられます。サイテーションの獲得状況を調査し、コンテンツの認知度を高め、より多く言及されることでSEO対策になりますが、サイテーションについてはMEOへの影響の方が強いと言われているため、影響力を考えれば被リンクへの対策を優先させた方が良いと言えます。

コンテンツSEO

コンテンツSEOは、ユーザーの検索意図に沿った有益なコンテンツを継続して発信し、自然検索から集客の増加を目指すSEOの一種です。各検索キーワードに応じたコンテンツを作成することで上位表示されやすくなり、長期にわたって集客効果を保つことができます。ユーザーとGoogle双方から評価の高い良質なコンテンツを絶えず発信していくことは労力を要しますが、作成したコンテンツはサイトの資産となり、蓄積されれば着実に集客率は上がります。言わば投資とも言えるでしょう。さらに、社内で行う場合は人件費以外かからず、コストパフォーマンスも高いです。しかし、安定した集客のためにはコンテンツのメンテナンスを怠ってはいけません。コンテンツSEOでは常に最新の情報をキャッチアップし、リライトを行い、よりユーザーのニーズを満たすコンテンツを提供していくことが重要です。

ジャリアでは、お客様の事業ごとに最適なキーワードの選定や調査、コンテンツ制作を行います。もしお客様が今後内部で完結させたい場合も全力でサポートいたします。

福岡でのSEO対策

コンテンツSEOのメリット

コンテンツSEOで上位表示されれば、サービスのブランディング向上に寄与します。自社がターゲットとしているユーザーを流入しやすいという点でリピーターを獲得しやすくなるのです。リピーターが増えればアクセスも増え、上位表示を狙えます。定期的にユーザーが求めるコンテンツ作成に取り組むことでサイトの信頼性が高まり、コンテンツSEOの最大の目的であるコンバージョン(訪問者のアクション)にも繋がります。

また、良質なコンテンツはSNSでの拡散性が高く、自然な被リンク(ナチュラルリンク)を獲得しやすいため、SEO外部対策にも繋がります。今まで獲得できなかったユーザーの目に触れる機会が増え、より幅広い層のユーザーにアプローチできる点もコンテンツSEOのメリットと言えます。

福岡のコンテンツSEO作成とコンテンツSEOのメリットイメージ

キーワード選定とコンテンツの情報量がカギ

Googleアルゴリズムの評価が高くなる要素としては、コンテンツSEOに限らず「ユーザーが求めているコンテンツを提供できているサイトであるかどうか」が最も重要です。コンテンツを増やしていくことで事業やサービス、ブランドに関する様々な検索キーワードをターゲットとして狙うことができます。

事業ページなどの細分化、下層ページでのコンテンツの構築、文字数といった「量」も多くの検索キーワードを狙うために必要不可欠です。しかし、こちらも闇雲にコンテンツを増やすだけではSEO対策にはなりません。自社の情報やリクルーティングのための社内環境の発信なども、最適なキーワード調査と選定なくしては無駄に終わってしまいます。コンテンツSEOでは、ターゲットとなる検索キーワードがしっかり掲載されているか、検索したユーザーが求めているコンテンツを提供できているかといった「質」の部分も重視し、コンテンツを構成、ライティングしていくことが重要です。

コンテンツ作成前には、ターゲットとなる検索キーワードの検索ボリュームや競合が狙っているキーワードの調査が肝心です。ローカルワードを組み込んでエリアでの上位表示を狙っていく、検索トレンドや伸びそうなキーワードを押さえておくなど戦略面でも下準備が必要となり、コンテンツSEOのカギとなります。

SEO対策の新概念「トピッククラスター」

新しいSEO対策としてブログやサイト記事などのコンテンツ作成において、トピッククラスターというSEO評価を高める戦略があります。サイト内のブログなども含めたコンテンツを戦略的にグルーピングして内部リンクで関連記事を繋ぎ、コンテンツ全体のSEOの評価を上げるSEO対策であり、このサイト内のブログ記事にも取り入れている手法となります。

トピッククラスターは、メインとなるピラーページと、ピラーページの内容を補足するクラスターコンテンツによって構成されます。ピラーページは、ユーザーの検索意図を広範囲で解決できるようなまとめのページを指します。例えば、ピラーページで狙うキーワードがSEOの場合、「SEO対策とは」「SEO対策の種類や手法について」「SEOの仕組み」など、検索ユーザーが求めている情報を扱ったコンテンツを作成することによってSEO評価を上げることができます。クラスターコンテンツでは、SEOというメインキーワードに対して「SEO 対策」や「SEO コンテンツ」、「SEO ライティング」「SEO 費用」「SEO コンサルティング」といった関連するキーワードをコンテンツ作成で取り扱い、より詳しい情報を深掘りしたページを作成します。

トピッククラスターを導入することで、SEOの評価基準の一つである情報の網羅性を高められることに加え、サイト構造を整理することができます。その結果、クローラビリティ、ユーザビリティがともに向上し、SEO評価の向上に繋がります。また、二つ以上の単語で構成される複合キーワードへの対策、ロングテールSEOとの相性がよいことも特徴です。競合性が低く、上位表示されたクラスターコンテンツからピラーページに誘導しやすいため、小規模なサイトでも上位表示を狙えます。

ジャリアではコンテンツ作成の戦略からキーワード調査、選定、コンテンツSEOのライティング代行など、ホームページ制作時のご提案及びコンテンツ作成単体でのご相談もお受けできます。

SEO対策を行う流れ

SEO対策 BLOG

ジャリアブログ

福岡の広告代理店ジャリアが、SEO対策に関する情報を発信していきます。